ネイルやまつエクで女磨き〜おしゃれガールの原石〜

女性

個性を主張

ファッション

ネイルのデザインは無限にあると言っても過言ではありません。ネイルアートを行う人にとって、爪はキャンバスのようなもの。いかなるアートを施すことだってできますし、施術する人によってデザインセンスも異なっています。最近では、ネイルにとびきり力を入れて、自分の個性を出す女性を街で多くみかけます。ただ一色・二色で塗るのは古くて、今では色んなデコパーツなどを付けたりして、アクセサリ―顔負けなアートが楽しまれています。私が勤務している会社の総務女性社員もジェルネイルをしていて、仕事に差し支えない程度のスカルプとデコパーツが付けられていてとても「オシャレだ!」と感じます。男性からしてみると、あまりにゴテゴテした爪にはあまり好感は持てないそうです。が、「自己満足」、大いに結構なことではありませんか!よりオシャレを追求して個性的で美しい爪にする女性は応援したくなります。逆に自己満足ができないネイルなんてやってて楽しくないですし、長続きもしません。「ネイルをしている」という周りへのアピールに加えて、自己満足で派手な爪にするのも立派なオシャレの一つですし、何より自分の気持ちが良くなります。満足感が得られることに繋がります。そのためにもおしゃれなデザインのネイルを行なっているサロンをみつけることが大切になります。またサロンのサイトなどを見ると参考にできるデザインを見られるようになっているので一度見ておきましょう。